料理用ワインの選び方と保存方法は?!具体例と一緒に活用方法を紹介します

お料理レシピに書かれている「ワイン」って、どんなワインを選べば良いの?品種は?値段は?保存方法は?赤ワインと白ワインの使い分けは?料理用ワインにまつわる疑問にお答えしましょう。

料理用ワインの選び方は、とても簡単。徹底的にこだわりたい!ということでもない限り、基本的には「何でも」OKです。スーパーやコンビニで購入できるお安いワインで十分、前日の飲み残しでも全く問題ありません。甘口のワイン、酢のように酸化してしまったワインは、料理の味を変えてしまうので避けましょう。

「料理用」と表記されているワインは、ワインの酸度や糖酸を調整したもの。魚の臭み消し、お肉を柔らかくするなど、料理への使用も考慮されて作られた商品です。飲用より安く手に入りますが、飲み残しワインがあるなら、料理用にわざわざ買う必要はありません。

保存方法は? 

料理用ワインの保存は、温度や湿度など、飲用のように気を使う必要はありません。ボトルにワインが残っている状態で、ラップで蓋をして保管します。スクリューキャップのボトルは、保存用にもとっても便利。日の当たらない場所か、できれば冷蔵庫で保存します。

数種類のワインが残っている場合、それぞれのボトルで保存するのは大変。1本のボトルに混ぜてしまっても問題ありません。ボトルの中身が少なくなると、ワインの酸化も進みやすくなります。長く美味しく保存したい場合は、小さめのペットボトルに移し替えるのもオススメです。

とにかく便利!ボックスワイン

料理用として、時には飲用として、私が愛用しているのがボックスワインです。一般的なワインボトル4本分が入って、お値段は2000円前後とリーズナブル。付属された蛇口から飲みたい分だけ出すことができ、中身は真空になる構造になっています。寝かせても漏れ出す心配がないので、冷蔵庫にストックしても邪魔になりません。

チリ、アメリカ、イタリア、スペインとバリエーションも豊富。ワインを飲みながら、そのワインで料理を作る、お家ならではの楽しみ方もお手の物です。

赤ワインと白ワインの使い分け

魚料理には白、肉料理には赤、などとワイン選びを例えたりしますが、料理に使うワインもこれと同じ。どのワインを使うか迷ったら、その料理と一緒に飲みたいワインを選ぶとうまくいきます。具体的に見てみましょう。

【参考記事一覧

▼白ワインと塩だけ!絶品とろけるカマンベールのオリーブオイル鍋の作り方

http://iewine.jp/article/1430

 

▼少ない材料でとっても簡単!絶品やわらか蒸し鶏

http://iewine.jp/article/1054

 

▼肉だんごを赤ワインで風味付け!心も体もあったまるデミチーズ肉だんごの作り方

http://iewine.jp/article/1640

 

▼残ったワインの神活用「赤ワインシロップ」のレシピ

http://iewine.jp/article/2771

魚の臭み消しなど料理の下ごしらえや香りづけ、色をつけたくない料理には白ワイン。お肉の煮込みやコクのあるソースには赤ワイン。スパークリングワインやロゼワインも、辛口の物であれば白ワインと同じように使えます。

料理用ワインがどうしてもない緊急時、代用するなら料理酒が良いでしょう。料理酒には塩が入っているので、使用量は控えめに。白ワインの代用ならレモンやビネガーで酸味をプラス、赤ワインの代用ならスパイスやチョコレート、コーヒーなどで赤ワインの要素をプラスしてみてください。

 チュカロBOX(シャルドネ)の購入はこちら

サントリー
【世界約60カ国で販売されるワールドワイドブランド】カルロ ロッシ カリフォルニアレッド 3L バックインボックス[USA/赤ワイン/辛口/ライトボディ/1本]
Amazonで見る

ホームページ | ブログ | instagram
埼玉県熊谷市出身。両親在住のスペインにてスペイン料理を学ぶ。専門はスペイン料理、ワインにあわせたマリアージュ提案。著書「フライパンひとつで作る絶品パエリア」「5分でできた!」シリーズ全7冊「2ステップレシピ」他。

おすすめの記事

日本でも愛されているランブルスコの名門「ドネリ社」!4代目社長「ジョヴァンニ・ジャコバッツィ」氏の来日インタビュー

イタリアを代表する発泡性赤ワイン「ランブルスコ」。そんなランブルスコに1世紀近く情熱を注ぎ続け、今や世界中で愛されるワインメーカーに成長した、イタリアのエミリア・ロマーニャ州にある名門ワイナリーが「ドネリ社」です。イタリア食材・ワインの輸入商社であるモンテ物産の招きにより、ドネリ社の4代目社長「ジョヴァンニ・ジャコバッツィ」氏が来日されました。今回、ジョヴァンニ氏の来日に伴い、「ドネリ社」についてインタビューを行わせて頂きました。

1,000円台で味わえる!アウトドアにおすすめなイタリアワインをテイスティングしてみた

イタリアワインが飲み手の心を掴んで離さないのは、飲むたびに新しい発見があるからではないでしょうか。豊かなテロワールと多様なアイデンティティゆえに、フランスワインとは異なる魅力を発揮しています。春夏秋冬を通じて楽しめるイタリアワインですが、今回はこれからのシーズン、特にアウトドアにぴったりなワインを見つけたのでご紹介します!屋外でのワインの楽しみ方にも触れてみたいと思います。

アウトドアでワインをもっと手軽に美味しく。エコで軽量な真空ボトルが大活躍!

キャンプや海などのアウトドアで楽しむお酒は格別ですよね。冷やさなくても美味しく飲めるワインは、アウトドアに是非持っていきたいお酒です! とはいえ、ほとんどのワインボトルはビンなので重く、荷物もかさばってしまいがちです。更には、いざ飲もう!という時に、ソムリエナイフが無くてコルクを開けられなかった……なんて経験はありませんか?「もっと手軽にワインを楽しみたい!」今回はそんな悩みを解決してくれる、割れずに軽量で、洗えば何度でも使える画期的なワイングッズ「真空ハジーボトル」をご紹介したいと思います。

関連コラム

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されております。 Copyright © 家ワイン All Rights Reseved.