「家ワイン編集部」の記事 255 件

【赤ワイン編】ソムリエが飲み比べ!人気の動物ラベル3種のお味は?

今回は、ソムリエの小野沢さんに協力してもらい、動物ラベルワインの中でも、とくにみなさんが目にする機会が多い、赤ワイン3種類を飲み比べてみました!いずれもチリ産で、カベルネ・ソーヴィニヨンが使われており、1本500円~600円台(※販売店による)でリーズナブルに買えるという共通点がポイントです。

ワインをこぼしても大丈夫!人気のステインローラーで簡単にできるワインのシミとり方法

洋服にワインをこぼしてしまった時、皆さんはどのように対処していますか?白い衣服に赤ワインをこぼしてしまった場合、すぐに水洗いをしなければ目立つシミ汚れになってしまいます。 時間が経つにつれて酸化し、落ちにくいシミへと変わっていきますので、出来るだけ早く落とした方が良いのですが、そんな時に役に立つのが「ドクターベックマン」のステインローラーです。

あっ!こぼしちゃった!ソファやカーペットについたワインのシミの落とし方

ワインをカーペットやソファにこぼしてしまい、シミになってしまった経験はありませんか?洋服はすぐに水洗いできますが、カーペットやソファについてしまったワインのシミは、すぐに落とすことはできません。 実はシミにもさまざまな種類があり、ワインのシミは、インクや果物のシミと同じ、「色素のシミ」と呼ばれています。簡単に落ちるシミもあれば、家庭では難しいシミもあります。

飲むだけで体ポカポカ!風邪予防にもなる「ホットワイン」の効果と作り方

ヨーロッパでは寒くなるとよく飲まれる「ホットワイン」です。温めたワインにレモンやオレンジなどの果物を入れて、シナモンやクローブなどの香辛料やはちみつを加えた、名前の通り、ワインを温めたお酒です。これからの季節で活躍してくれるので、作り方を覚えておきましょう!

【グランポレール】7/7(土)に醸造家と語り合い料理を味わえる素敵なイベント「グランポレール プレシャスサロン 七夕2018」開催!

「グランポレール」は販売開始から15周年を記念して、7月7日(土)に勝沼・岡山ワイナリーの若手醸造家4名が「グランポレール」を自ら提供する、七夕イベントを開催することを発表しました。醸造家たちと会話を楽しみながら日本ワインと料理を堪能できる、とっても贅沢なイベントです。

【メルシャン】6/6「悪魔の日」は“悪魔の蔵”のワインを楽しもう!「カッシェロ・デル・ディアブロ」から夏限定パッケージが数量限定発売

メルシャン株式会社は、チリの名門ワイナリー、コンチャ・イ・トロ社が造るプレミアム・チリワインブランド「カッシェロ・デル・ディアブロ」から、夏限定パッケージ「カッシェロ・デル・ディアブロ クール・エディション ソーヴィニヨン・ブラン」「同 ロゼ」を、6月26日(火)より全国で数量限定発売することを発表しました。

【メルシャン】限定220名!日本ワインの魅力や伝統を体感できる「シャトー・メルシャン・クラブ プレステージ・パスポート」会員募集

国内外から注目されるシャトー・メルシャンは、日本ワインの魅力を発見し広めていくことを目的にした、「Tasting Nippon」プロジェクトの一つとして、「シャトー・メルシャン・クラブ プレステージ・パスポート」の会員220名を、4月26日(木)から6月28日(木)まで募集することを発表しました。

『桜ブッラータ』が贈り物や手土産におすすめ!奥渋谷の人気店・チーズスタンドから2018年春の新作

卒業や入学シーズンの春は、花見やピクニックと、お出かけの機会が増える季節でもありますね。贈り物や手土産の候補に、奥渋谷の超人気店「& CHEESE STAND」が手掛ける春の新作4品はいかがでしょうか?とくに、季節限定の『桜ブッラータ』は贈り物や手土産に最適です。お近くに立ち寄られる際や、オンラインショップでぜひお試しください。

【サッポロビール】グランポレール最高峰のシングルヴィンヤードから新ヴィンテージ発売!マリアージュ体験イベントを開催

数多くの受賞歴を誇り、国内のみならず海外からも注目が集まっているグランポレール。そのグランポレールの最高峰である「シングルヴィンヤード」の発売を記念し、グランポレールワインバートーキョーにてマリアージュを体験できるイベントが開催されます。

【参加無料】3/15(木)開催!ローヌ・ヴィニョーブル14生産者の合同ワイン試飲会

3月15日(木)に、Rhône Vignobles(ローヌ・ヴィニョーブル)の生産者14ドメーヌが来日し、未輸入とすでに日本で購入可能なワインを生産者が直接ご紹介します。 ローヌ・ヴィニョーブルは、ワイン造りをこよなく愛する14の造り手集団で1990年に結成されました。自らを音楽を愛するミュージシャンのように”The Winegroover”と表現し、土地、畑、ワインへの熱い思いをこだわりのワインで表現し続けています。この貴重な機会をお見逃しなく!

世界初!深川ワイナリ―が大阪国際空港内にワイン醸造所「大阪エアポートワイナリー」とワインバルを開業

深川ワイナリー東京を経営している株式会社スイミージャパンは、大阪国際空港(伊丹空港)内に新たにワイン醸造所「大阪エアポートワイナリー」と、醸造風景を眺めながらお食事とできたてのワインを楽しむ南イタリア料理を主体としたワインバルをオープンします。 ワインをもっと気軽に、ワイン醸造をもっと身近に、ワインを通じて日本各地の生産者と消費者を結ぶ、空港が経由地ではなく目的地になる新たな楽しみ方を提案します。

【サッポロビール】大型ワインイベント「ワインアベニュー」開催!世界各国100本のワインを一度に堪能し、貴方も一夜でワイン通

世界中のワインを味わってみたいけれど、試飲会はちょっと敷居が高いし、自分で購入するにも何を基準にして良いかわからない……ワインを購入するコストも考えると、口にしたことのないワインを大量に買うのはちょっと気分が乗らない。今回はそんな悩みを抱えている方にぴったりのワインイベント「WINE AVENUE(ワインアベニュー)」をご紹介します。

【メルシャン】2/27(火)にフランスのビオワイン&チリの人気ブランドから小容量とプレミアムラインを新発売!

メルシャンは2018年2月27日(火)に、3ブランドから新商品を発売することを発表しました。今回は人気のブランドである「カッシェロ・デル・ディアブロ」と「フロンテラ」。そして、新たに取り扱うこととなるビオワインのブランド「ベル・フルール オーガニック」をご紹介したいと思います。

アウトドアでワインをもっと手軽に美味しく。エコで軽量な真空ボトルが大活躍!

キャンプや海などのアウトドアで楽しむお酒は格別ですよね。冷やさなくても美味しく飲めるワインは、アウトドアに是非持っていきたいお酒です! とはいえ、ほとんどのワインボトルはビンなので重く、荷物もかさばってしまいがちです。更には、いざ飲もう!という時に、ソムリエナイフが無くてコルクを開けられなかった……なんて経験はありませんか?「もっと手軽にワインを楽しみたい!」今回はそんな悩みを解決してくれる、割れずに軽量で、洗えば何度でも使える画期的なワイングッズ「真空ハジーボトル」をご紹介したいと思います。

第9回「Champagne joie de Vivre」賞授は漫画家のヤマザキマリさん

2017年11月29日(水)に、シャンパーニュ委員会日本事務局主催「Champagne joie de Vivre(生きるよろこび)」賞授賞式及びカクテルパーティが、 アンダーズ東京にて開催されました。 第9回目となる今回の受賞者は、古代ローマが舞台の漫画「テルマエロマエ」で知られる漫画家のヤマザキマリさんです。

11月16(木)解禁!今年のボージョレ・ヌーヴォーの出来と市場変化は?「メルシャングループ 利き酒会」レポート

2017年は11月16日(木)にボージョレ・ヌーヴォーが解禁されました。すでに飲まれた方もいるのではないでしょうか?今回は今年のボージョレ・ヌーヴォーの出来と市場の変化を、解禁日に開催された「メルシャングループ 利き酒会」の模様と共にお伝えします。

ボジョめし&泡めしを体験!「コドーニュ バルセロナ1872」はエスニック鍋と相性抜群!

11月に入り、ボージョレ・ヌーヴォー解禁、クリスマス、年末とパーティや催事が続く季節になりました。そこで、「飲みたいワインと出会えるコミュニケーションサイト ワインすき」では、手軽で写真映えするレシピ「ボジョめし&泡めし」を順次公開しています。

成城石井のこだわり高品質ボージョレ・ヌーヴォ5種&オススメおつまみ3選

実りの秋は新酒の季節。新酒といえば、ボージョレ・ヌーヴォですね。今回は、成城石井のトップバイヤーが厳選した、高品質なボージョレ・ヌーヴォと、成城石井で購入できるオススメのおつまみをご紹介します。毎年11月の第3木曜日は、ボージョレ・ヌーヴォの解禁日です。ボージョレ・ヌーヴォは、フランスのブルゴーニュ地方・ボージョレ地区で、その年に収穫されたガメイ種のブドウで造る赤ワインのことを言います。 世界の中でも早く飲むことができる日本では、一大ブームになったこともありましたが、最近では「秋の風物詩」として定着しています。

知的障がい者とともにワイン造りを――ココ・ファーム・ワイナリーの理念とは?

栃木県足利市にある「COCO FARM & WINERY(ココ・ファーム・ワイナリー)」は、障がい者支援施設「こころみ学園」からブドウを購入し、さらに、こころみ学園の園生にワイン造りの作業を業務委託して、ワインを造っています。 そのワインの味は国内で高い評価を受けており、2000年開催の九州・沖縄サミットでの乾杯用や、2008年開催の北海道洞爺湖サミットにて総理夫人主催の夕食会、2016年開催のG7広島外相会合の夕食会で使用されています。 今回は、ココ・ファーム・ワイナリーがなぜ、知的な障がいを持つ人々とブドウを栽培し、ワインを造っているのか、その理念をうかがいました。