「クボイツヨシ」の記事 16 件

巨峰100%にこだわり日本独特の葡萄酒づくりを行う「巨峰ワイナリー」

今回は九州北部、福岡県久留米市の田主丸町にあり、長い歴史をもつ「KYOHO WINERY(巨峰ワイナリー)」と、同ワイナリーでこだわり抜いて造られる、ワインをご紹介します。 KYOHO WINERY(巨峰ワイナリー)は1972年、福岡県久留米市の田主丸町に創業したワイナリーです。元々は江戸時代1699年に日本酒造りを手掛けていた「若竹屋酒造」が前身で、当時の当主林田博行氏が第2次世界対戦後に地元で栽培が広まり始めた巨峰の消費拡大を目指したのがきっかけだそうです。この一帯は筑後地方と呼ばれ、辺りには大分県境まで連なる耳納連山があり、その麓から中腹にかけてブドウ畑が広がっています。今では田主丸町は全国有数の巨峰の産地となりました。

白ワインだけじゃない!フランス・ロワール地方「サンセール」の赤ワイン

フランスのロワール地方に位置する、白ワインの名産地サンセールは、ソーヴィニヨン・ブランを使用したドライでエレガントな味わいが特徴的です。 白ワインで有名なサンセールですが、実は赤ワインがあることをご存知ですか?今回はロワール地方とサンセールの赤、「サンセール・ルージュ」をご紹介致します。

滋賀県のヒトミワイナリーが造る濁りオレンジワイン「ソワフ・ブラン2015」

ワインと言えば「赤・白・ロゼ」の3種類が基本ですが、実は昨年末頃から「オレンジワイン」が密かなブームを呼んでいます。もともとは、ワイン発祥の地といわれるグルジアで用いられていた製法で作られたワインです。 今回は日本で唯一、濁りワインを専門に造る「ヒトミワイナリー」のオレンジワイン「ソワフ・ブラン」をご紹介します。

「小公子」から様々なワインを!島根県のワイナリー「奥出雲葡萄園」

今回は島根県雲南市にあるワイナリー、奥出雲葡萄園のご紹介です。園内には併設のレストランや ショップもあり、「ワインパーティー」や「収穫祭」などイベントも盛り沢山のワイナリーです。 奥出雲葡萄園は1990年に島根県の名所、出雲大社から南へ向かった雲南市に設立されたワイナリーです。母体は木次乳業という乳製品を加工する企業で、日本で初めて「パスチャライズ牛乳」を作りました。

コストコで見つけたら買っておきたい!安くて美味しいアメリカ産ワイン!!

今回は全国各地にあるアメリカのホールセールスーパー「コストコ」でおすすめのワインのご紹介です。 コストコはアメリカの会員制倉庫型店で、最近はワインの輸入にも力を入れており、世界各国のワインがリーズナブルな値段で買えるようになりました。 今回様々なワインを飲み比べましたが、特にコストパフォーマンスの高かったアメリカ・ワシントン産の白ワインとアメリカ・カリフォルニア産の赤ワインをご紹介します。

ブラジルで人気の中甘口赤ワイン「アウロラ サンゲ デボイ スアヴェ」

8月にリオデジャネイロ五輪が開幕となるので、ブラジルで人気の赤ワインをご紹介します。 アウロラ社は1931年よりワイン醸造を開始した、ブラジル最大のワイナリーです。年間の総生産量は3,800万リットルあり、30種以上のアイテムを生産しています。 元々はアメリカ系のブドウ品種が中心であったが、1970年代にはヨーロッパ系の品種『カベルネフランやメルロー』も造られており、現在では『シャルドネ、ピノノワール』などのワインも生産されています。 4リットルサイズの大容量や大衆向けのスティルワインやスパークリングの他にも、シャンパーニュ製法で造られる『シャンパノワーズ』などもあります。

1,000円前後で楽しめる!安くて美味しいマイナーなワイン5選

コンビニやスーパーでも様々な国のワインを取り揃えていて、 一昔前にくらべ、ワインはいまやすっかり身近な飲み物となりました。 そして、ワインと料理のマリアージュという言葉も一般的になりました。レストランでいただく場合のみならず、お家で気軽にワインを飲まれる方も多いと思います。 そこで、今回は休日に気軽に飲める、1,000円前後の少しマイナーなワインをご紹介します。

肉料理と合わせたい!瓶内二次発酵で造られるイタリアの微発泡赤ワイン

やっぱり「お肉には赤ワイン」ですが、暑くなってくると赤ワインが美味しく感じられないということはありませんか?今回はそんな暑い夏でもグビグビ飲める「イタリアの微発泡赤ワイン」をご紹介します。 作り手はロンバルディア州オルトレポ・パヴェーゼ地域のカンティーナ「イル・モントゥ」です。ローマ時代から知られる伝統的ワイン産地モントゥ・ベッカリアに1902年に創業した歴史あるワイナリーです。

世界の評論家も絶賛するオーストラリアワイン「キリカヌーンワイナリー」

世界的なワイン評論家として名高いロバート・パーカー氏、ジェームス・ハリデー氏、そしてヒュー・ジョンソン氏が揃って絶賛する南オーストラリアの造り手が「キリカヌーンワイナリー」です。 今回は先日訪問した「キリカヌーンワイナリー」について、ご紹介させていただきます。 キリカヌーンワイナリーのオーナーで醸造責任者でもあるケヴィン・ミッチェル氏は、ハーディ、ケンダル・ジャクソン、ウィラメット・ヴァレーなど国内外のワイナリーで醸造家としての経験を積んだのち、1998年にキこのワイナリーを立ち上げました。

入手困難!国産ベストワインにも選ばれた!熊本ワインの「菊鹿シャルドネ」

今回ご紹介するワインは、九州のワイナリーの中でも国内外で高評価を得ている熊本ワインの「菊鹿シャルドネ」です。熊本ワインは、熊本で初めての本格的体験型ワイナリーとして、熊本でも人気の観光スポットです。 今回紹介する「菊鹿シャルドネ」は、熊本県北部にある菊鹿町の契約農家で栽培された“シャルドネ”を使用した、九州産のワイン中でも毎年人気の1本です。一般の愛好家の方々はもちろん、全国のソムリエさんなどプロの方々からも高い評価を受けています。

五島で育った葡萄で醸造!長崎初のワイナリー「五島ワイナリー」

今回は九州のワイナリー「五島ワイナリー」のご紹介です。 温暖な気候で造られる「島ワイン」と群を抜く美味しさの「鮮魚」。是非、五島列島へ旅してみてはいかがですか? 2014年4月23日、長崎県五島市(五島列島)に九州の島として初の醸造所が完成しました。これまでは、自社畑に栽培していたブドウを収穫した後、山梨県のワイナリーに委託醸造して造っていたそうです。 その味わいは甘口タイプでしたが、本格的な辛口ワインを目指そうと、海外から醸造に必要なタンクやその他機材を輸入して醸造所が出来あがりました。

世界標準となる注目産地「マーガレット・リヴァー」とヴァス・フェリックス

ブドウの収穫が終わり、ワイン仕込が始まったばかりのオーストラリアのワイナリーを視察してきました。 今回は、これまでのニューワールド(新世界)ワインというジャンルに留まらず、世界の標準となるべく最新のワイン造りへと進化している今注目のワイナリーをご紹介します。 西オーストラリアの西端に“マーガレット・リヴァー”を創立した「ヴァス・フェリックス社」はあります。