今、世界中で最も注目されるブドウ品種「リースリング」とは?

夏に飲みたい白ワインとして、リースリングの人気が高まっているのをご存知でしょうか? その理由は、ニューヨークのワイン業界内でも強い影響力のある人物として広く知られる、ポール・グレコ(Paul Grieco)氏が2008年に始めた「Summer of Riesling」というコンセプトが瞬く間に全米に広がったのがきっかけ。彼は、リースリングの伝道師とも言われ、リースリングの魅力を広めて、ワインの世界を変えようと様々な活動を行っています。 ポール・グレコの影響で、アメリカでは夏の間さまざまなレストランでリースリングがサーブされるようになり、その波がニュージーランドやオーストラリアでのムーブメントにつながっています。 では、リースリングとはどのような品種でしょうか?

大人の極上スイーツ!貴腐ワインとはどんなワイン?

高貴なる腐敗と書く貴腐。その名の貴腐ワインとは貴腐ブドウから造られる甘口白ワインのこと。そして、世界三大貴腐ワインとは、フランスのソーテルヌ、ドイツのトロッケンベーレンアウスレーゼ、ハンガリーのトカイ・アスー・エッセンシアですが、その中のソーテルヌについて簡単にご紹介したいと思います。

飲み残したワインはどうしていますか?実はワインは翌日の方が美味しい時もあるんです。

「ワインは開けるとその日に飲みきらないといけないんですか?」、「ワインは開栓してどのくらい経っても飲めるんですか?」という相談を受けることがあります。 今回はそんな、ワインビギナーの人たちに、飲み残してしまったワインの保存方法やワインの酸化についてご紹介します。

テーブルマナーの基本!レストランでのナプキンの使い方

レストランで出てくるナプキンですが、緊張していたり挨拶をしたりしていると、お料理が運ばれてきてもそのままで、サービスの方に「どうぞナプキンをお取り下さい」と言われてしまったことありませんか? ホテルなどでバラの花の形などに折ってあるとなんとなく崩したらいけないような気がしてきますが、ナプキンは使うために置いてあります。使い方は、ほとんどが当たり前のことなので、是非覚えておいて下さい。

好みのワインが必ず見つかる!産地の「気候」からワインを選ぶポイント

ワインショップにずらりと並ぶワインボトル...あなたは何を基準に「今日の1本」を選びますか?品種、銘柄、パーカーポイント等、様々な選び方がありますが、好みのワインを選ぶには、産地の「風土」も目安のひとつになります。いわゆる「テロワール」と呼ばれる、ワインの味わいに影響する土壌や気候のことですが、土壌の質や気候の特徴などを1つ1つ覚えるのは大変なことです。

シャンパンのラベルに小さく記載されている「NM」と「RM」の違いは?

シャンパンのエチケットやボトルの裏面には、ワインと同様、様々な情報が記載されていますよね。それらをひとつひとつ読み取れば、そのシャンパンの生まれた背景がわかってきます。では、みなさんは、シャンパンのエチケットの中に「NM」や「RM」というアルファベットを見かけたことはありますか?

知っておきたいテーブルマナー!レストランや宴会場で出てくるパンの食べ方

レストランや結婚式で出てくるパンやバター、たまに食べ方に迷って周りを見渡してしまうことありませんか?いつ、どのタイミングで食べていいものか...悩む方も多いと思います。という事で、今回はレストランや宴会場にて、堂々と食べられるようにパンの食べ方をご紹介します。パンはパン皿に置くのが基本ですが、パン皿がない場合は、テーブルクロスの上に直接置いても問題ありませんが、メインのお皿の上には置かないで下さい。

シャンパンのヴィンテージ、ノンヴィンテージ(NV)は何が違うの?

スパークリングワインは世界中にあるけれど、その中でもシャンパーニュが格別好きという方も多いのではないでしょうか? シャンパーニュのボトルに貼ってあるエチケット。ほとんどのシャンパーニュには、このエチケットに普通のワインには必ず書いてある収穫年の表示がありません。

スパークリングワイン(シャンパン)のコルクをスマートに抜く3つのポイント

気温の高まりとともにスパークリングワインの美味しい季節になるので、これからはスパークリングワインを飲む機会が増えてきますね。皆さんはスパークリングワインの正しい開け方を知っていますか?意外と間違っている方が多いので、今回はスパークリングワインの正しい開け方についてご紹介します。

スパークリングワインにも種類がある!イタリアのスパークリングワイン編

今回のワンポイントレッスンは、イタリアのスパークリングワインです。 スパークリングワインというと、フランスのイメージを持たれる方も多いでしょう。しかし、お隣の国イタリアでも個性豊かな発泡性ワインが作られているのです。今日はこの国を代表する3つのワインを紹介します。

自然派ワインって何だろう?

オーガニック、ビオ、有機栽培、無農薬、添加物不使用…身近なスーパーマーケットでもよく目にするこれらの言葉。食品だけでなく、あらゆる分野で商品を取捨選択する基準の1つとして、最近はこれらのキーワードが非常に重要視されつつあると思います。しかし、実際には、なんとなく「身体によさそう」というイメージだけで、個々の違いをよく理解していない、という人も多いのではないでしょうか。

レストランでワイン選びを失敗しないために知っておくべき5つのこと

レストランへ行くとワイン名しか書いてないワインリストを渡されて選ぶのが大変だったことは誰にでもあると思います。また、ワインリストのないお店で「何にしますか?」と言われても漠然としていて分からないこともありますよね。今日はレストランでのワインのスマートな注文の仕方をご紹介します。

ビギナーでもこれなら分かる!?分かりやすい香りのワインとは

ブラックチェリー、アスパラガス、火打石...これら全てワインの香りを表現する言葉です。「言われてみればそんな香りがするような、しないような...」と、ハッキリ香りを掴めずにいると、おいしく味わいながらもちょっとモヤモヤしてしまうもの。できればソムリエ並にピタリと言い当てたいところですが、なかなかそうはいきませんよね。そこで今回は、比較的分かりやすい香りのワインや、そのブドウ品種をご紹介します。

数千種類もある土着品種とイタリアワインの魅力に迫る

イタリアは現在約4,300万hlのワイン生産量を誇り、ライバルのフランスと、毎年、世界の一位二位を争います。それもそのはず、ブーツ型の半島をした国土のほぼ全域が、「地中海性気候」といって、乾燥した日照の多い気候タイプで、ブドウにとっては好ましいものだからです。ワインの銘醸地というと真っ先に、フランス、イタリアが思い浮かぶのではないでしょうか..実は、ワインの生産量の約4割がこの2ヶ国によって産出されています。

甘口ワインはなぜ甘いのか?美味しい甘口ワインを知ろう

甘口ワインがどうして甘いのかご存知でしょうか?これは、収穫されたぶどうの甘さと製造方法によるものです。今回は、甘口ワインの造り方とおすすめの甘口ワインをご紹介したいと思います。甘口ワインがどうやって造られるのか?の前に、ワインができる仕組みからお話ししましょう。

自分の好きなワインを知りたい!簡単ワインテイスティングのすすめ

「自分の好みのワインを知りたい」これはワイン好きなら誰もが思うことではないでしょうか。そのために今回はテイスティングのお話をしたいと思います。小学生の頃に朝顔の観察日記をつけた方が多いと思います。「朝顔を観察して記録する。」テイスティングと聞くとソムリエが険しい表情でワインを表現するような、難しいイメージが湧くかもしれませんが、実際は朝顔の観察日記と同じことなのです。

味わいのバランスを利用しよう!甘口ワインの楽しみ方

「甘いワインはお食事に合わないから飲みたくない!」...時々そんな声を耳にします。でも本当に甘いワインはデザートと合わせるしかなく、お食事には合わないのでしょうか?答えはNOです!上手に味わいのバランスを利用すれば食事中に楽しむことができるのです。特に甘味と塩味はとても相性がよく、同時に取ると双方が高め合う効果があるのです。

保存器具がなくてもできる!飲み残したワインを翌日も美味しく飲む方法

ワインは「一度開けたからと言って、その日のうちに飲んでしまわなければいけない」という事はありません。また、「ワインは保存器具を使わなければ保存できない」と思っていたり、「ワインセラーで保存しなければいけない」など、ワインに対するハードルを自ら上げているように感じます。実際はそのような事はなく、もっと自由にワインを楽しんでいいんです。