「スパークリングワイン」のまとめ

正しく説明できる?シャンパンとスパークリングワインの違い

発泡性のあるワインを全てシャンパンと思っていませんか?シャンパンと言えば、「モエ・エ・シャンドン(Moët & Chandon)」や「ドン・ペリニヨン(Dom Pérignon)」など高価なイメージがありますが、実はシャンパンはある条件を満たさなければシャンパンと名乗ることで出来ません。 そして、シャンパンが満たす条件を知れば、シャンパン級のスパークリングワインが1,000円台でも買えるので、「シャンパンとスパークリングワインの違い」は覚えておいた方が絶対におトクです。 意外と知らない「シャンパンとスパークリングワインの違い」について、ご紹介したいと思います

和の食材で合わせたいシャンパーニュ

皆さんは最初の一杯って何を選びますか?ビール、赤ワイン、白ワイン、人それぞれかと思いますが、ワイン好きの方であれば、1杯目にスパークリングワインを選ぶ方が多いのではありませんか?思われませんか?私もご多分にもれず、1杯目はスパークリングワイン…出来ればシャンパーニュを飲みたい人間です。

アペリティフ(食前酒)をスマートに注文する方法

アペリティフ(食前酒)とは食事の前に楽しむお酒で、のどを潤し食欲を増進させる役割があるので、ソムリエさんに「アペリティフ(食前酒)はお飲みになりますか?」と聞かれたら、「???」とならないように、アペリティフ(食前酒)について、少し学んでおきましょう。

失敗しないスパークリングワインの開け方

今回のワンポイントレッスンはスパークリングワインの開け方です。スパークリングワインを皆さんはご自分で開けたことがありますか?泡の入ったワインは、泡の入っていないワインと容器や栓が少しちがっているので、その開け方をまちがえると大きな事故に繋がる可能性があります。