「美味しいお店」のまとめ

ソムリエも在住!ワインに合うパンがたくさん揃うブーランジェリー「365日」

今回ご紹介する美味しいお店は、東京・代々木公園にあるお洒落なブーランジェリー「365日」です。ワインに合うパンがたくさん揃っていて、いつも行列ができている大人気のパン屋さんです。 オーナーである杉窪氏は パティシェとして渡仏し、その後表参道にある人気のブーランジェリー「デュヌラルテ」のシェフを務め、2013年12月に独立し「365日」をオープンさせました。パン好きの間では常に話題にのぼる人気のブーランジェリーです。

パリ発のヴィエノワズリー専門店「リチュエル パー クリストフ・ヴァスール」

料理を作る時間はないけど、仲間とワインパーティーをしたい時、女友達と恋話で盛り上がりたい時、恋人とゆっくり語りあいたい時、おいしいワインとパンがあれば それだけでHappyな時間が過ごせます。 お家でHAPPYな時間を過ごせるよう「人気のベーカリーとワインに合うおいしいパン」をご紹介!今回は表参道にある「RITUEL par Christophe Vassecur(リチュエル パー クリストフ ヴァスール)」です。

非日常と最高のおもてなし。至福の時を過ごせるラール・エ・ラ・マニエール

大切な人との特別な日は家飲みではなく、一生の記憶に残る記念日を、素敵なレストランで過ごしたいものです。そこで、家ワインでは記憶に残る特別なディナーを楽しめるお店をご紹介。 お料理やワインはもちろんのこと、お客様の心を揺らし、感動を与える名店を探して、辿りついたのは銀座のビルの地下1Fに広がるフレンチレストラン「ラール・エ・ラ・マニエール」。 「非日常」な空間と至福のひとときを味わえるフレンチレストランを、ワインエデュケーターの紫貴あき先生と共に堪能していきたいと思います。

甲府盆地を一望できるロケーション!登美の丘ワイナリーとナイトレストラン

先日、山梨にある登美の丘ワイナリーへ行ってきたので、ご紹介させていただきます。今回は午後の見学コースに参加し、タイミングよく年に数回しか開催されていないナイトレストラン開催日だったので、ナイトレストランにも申込み、美味しい料理とワインをいただいてきました。ナイトレストランは登美の丘ワイナリーにある「ワインテラス」というレストランで、美しい夜景とワインに良く合うシェフ特製のお料理を、登美の丘のワインと共に楽しむことができます。

ビストロ「ヌガチン」に行ってきました~女のワイン飯vol.25~

今年も早くも1年の1/3が終わってしまいました。 暦の上ではまだ春ですが、気温も上昇、緑もいきいき、気分はもう初夏です。 そして、なんと言ってもGWがやってきますね。遠出で旅行をする方も、近場でのんびりされる方も今の季節はアウトドアに行かれる方も多いのではないのでしょうか? 今月は何だか”ピクニック”という言葉が妙に心をソワソワとざわつかせるので、「女のワイン飯」も「男のワイン飯」もピクニックに持って行けるレシピシリーズでいこうかと思います。 トートバッグにワインとチーズとワイン飯を詰め込んで、いざ参りましょう新緑のアウトドアへ。

宮崎の希少ブランド牛『尾崎牛』を味わえる肉バル 恵比寿「GATSBY」

恵比寿「GATSBY」は、希少な宮崎のブランド牛『尾崎牛』を味わえる数少ないお店。尾崎牛って、ご存知でしたか? 品種としては黒毛和牛ですが、尾崎さんという生産者の方が独自に試行錯誤し、こだわりにこだわって生産されているブランド牛なんだそうです。個人の生産者さんなのであまり多くは出荷されておらず、都内でも食べられるお店は数えるほどしかないとか…。 そんな希少な尾崎牛をリーズナブルに楽しめる肉バル、GATSBY。 先日行ってきましたので、ご紹介しますね!

山の恵みを堪能できる学芸大学「Lodge Bistro SARU」に行ってみた

家ワインではその名の通り、「お家で気軽に楽しむワイン時間」をテーマにサービスをお届けしていますが…。たまには家でなかなかできないガッツリお肉を味わいたい!そしてもちろんおいしいお肉にはおいしいワインもあわせたい! ということで今回は出張版。 「家ワインレシピ」でもたびたび登場する東急東横線 学芸大学駅のほど近くに2015年2月オープンした『Lodge Bistro SARU』へ行ってきましたのでご紹介したいと思います。

日本のナポリ!播州赤穂「SAKURAGUMI」に行ってきた!

兵庫県・赤穂にある予約が取れない人気店「SAKURAGUMI」は、関西のピッツァ好きの間では有名なお店です。いち早く「真のナポリピッツァ協会」に加盟し、ナポリピッツァと海鮮ナポリ料理を提供しているお店です。イタリア食材をすべてナポリから自社輸入し、日本に居ながらにして、NAPOLIの味を味わえる貴重なお店です。

「メランジェ」さんに行ってきました~女のワイン飯vol.19~

今回で19回目を迎えた「女のワイン飯」。 ワインを楽しむために一番大事なことはまず健康であることだとよく思うのですが、ワインの楽しさは年をとるほどはまり込み、その逆に年をとればとるほど健康に気を使わなければいけないなんて、皮肉な話だなと最近ふと思ったりしていました。 ワインはやっぱり単体で飲むより、食事と一緒に味わう方が楽しいお酒ですからね。 ワインを飲めば飲むほど、食事も進むわけなのですが、これがまた下っ腹の増幅を助長させているわけですよ。これを続けていると飲めなくなっちゃいますからね、ワインが。 それはマズいということで、今月もいきますよ「女のワイン飯」。 身体に優しい食事をとりながら、ワインを楽しんで行きましょうということです。 今月はですね、ちょっと珍しいチリ産の白ワイン「CREACION  Sauvignon Blanc」を持って、五反田にある「ビストロメランジェ」さんに行ってきました。 さて、どんなレシピをゲットできるのか、楽しみであります!!!

「マル商アリク」さんに行ってきました~男のワイン飯vol.18~

最近はめっきり空の透明度もあがってきて、東京からも富士山が見える日がちらちらやってきました。 町もハロウィンが終わって、もうクリスマスの飾り付けなんかも始まり、暦的には秋なのに、もう気分は冬!にさせられている今日この頃です。 今回の「男のワイン飯」はこの時期から美味しくなる真牡蠣!を求めて、世田谷は松陰神社にある牡蠣の居酒屋「マル商アリク」さんにやってきました。 食材指定でレシピをお願いすることは今までのワイン飯シリーズでは初めてだと思います。 今回はですね、皆さんもご存知の通り、牡蠣と言えば白ワインをあわせることが王道ですけども、赤ワインに牡蠣をあわせれないかという疑問からですね、それであれば、牡蠣の専門店にお願いしてみようということになったわけです。 果たして、赤ワインにあわせて、牡蠣を楽しむことは出来るでしょうか? 11月にお届けする赤ワイン「CREACION  Cabernet Sauvignon」を持って、行ってきましたよ! 結果から言うと、バッチリあう料理を教えてもらっちゃいました。

「PURELY」さんに行ってきました~女のワイン飯vol.18~

10月に入り、気温もぐっと下がってきて、夜が早くなってきましたね。 飲みたいワインの好みも変わってきたのではないでしょうか? 季節があるって本当に幸せだな~と、最近、ワインを飲みながら思ったりしていました。 冬までの短い間、しっぽりとした秋の時間を楽しみましょう。 今月お送りする白ワイン「Nos Racines Blanc」はフランスはボルドー生まれのビオロジックワインです。ビオロジックとは農薬と科学肥料を出来るだけ使わない自然に近い農法で作られたものを言います。 最近はワインの味だけでなく、身体のことを考え、ビオロジックワインやオーガニックワインを購入される方も多くなりましたよね。 ということで、今月の「女のワイン飯」はこのビオロジックワインにあわせて、銀座にあるビオレストラン「Purely」さんにレシピをお願いしに伺いました。 さて、どんなレシピをいただけるのでしょう? 個人的にもかなり楽しみです。

「IVROGNE」さんに行ってきました~男のワイン飯vol.17~

今月の「男のワイン飯」は以前にもレシピを考えていただいたビストロ「イブローニュ」さんにお願いをしにきました。 最近、季節の移ろいと共に、家ワインタイムも外ワインタイムも赤ワインを飲むことが増えてきて、料理を選ぶ時もお店を選ぶ時も赤ワインを飲むためには、、、と考えている自分がいたりして、そんな時間を楽しんでいます。 これから、冬にかけて赤ワインが幸せにしてくれますよね。個人的にはセンチメンタルで好きな季節です。 と言っておいて、夏は夏で楽しんできたんですが(笑) 今回、10月にお届けする赤ワイン「Nos Racines Rouge」は赤ワインと言えばボルドーのビオロジックワインです。 それで、男のワイン飯をどうしようかな?と思った時に、ふと思いついたのが「イブローニュ」の有馬さんで、すぐに連絡を入れて、お願いをしましたというわけです。 フランスワインをフランス料理で、秋らしく、楽しみたい! 今回もいってみましょー!

「Isola del Nord」さんに行ってきました~男のワイン飯vol.16~

2014サマーも終わりましたね。 日が沈む時間も早くなり、個人的にはセンチメンタルな9月です。 少し控えめだった赤ワインも、気温が下がってくると、自然と体が求めてくるのも季節のありがたみ。とはいえ、まだまだ残暑もありますから、なかなかワインのセレクトが難しかったりしませんか? 9月に家ワインからお届けする赤ワインは秋の入口を感じられる1本「Chateau de Hartes」をセレクトさせていただきました。 フランスはボルドーといえば、言わずと知れた名産地ですよね。そのボルドーからセレクトさせていただいたワインです。 ワインも論より証拠ということで、「男のワイン飯」いっちゃいましょう! ばっちりテイスティングしていただいて、ワイン飯のレシピと楽しみ方を教えていただきました。 今回は三田にあるイタリアンレストラン「Isola del Nord」さんに行ってきました。

「サカナバル」さんに行ってきました~女のワイン飯vol.17~

渋谷にも六本木にも近く、人気度はいまだ高し町、恵比寿。 ここは本当に色々な人がいて、他の町のように”こういう人が集まる”っていうカラーがないですよね。だから、使いやすい町なのかもしれません。 飲食店もバリエーション豊かで、良店が本当に多い。というより、良店でないと続かないといったところでしょうか。 今回の「女のワイン飯」はそんな恵比寿駅は西口から、少し丘を上った場所にあるバル「サカナバル」さんにお願いしに行ってきましたよ。 一言で言うと、良いお店なんです。 カジュアルにお洒落で、料理も美味しく、楽しく飲める。これ、最高でしょ。 9月にお届けする白ワイン「Domaine de Coussergues Chardonnay/Viognier 2011」を持って、伺ってきました。