味付けはシンプルに塩だけ!寒い日に食べたい豚大根の和風ポトフ

寒い日の夜はポトフでほっこり♪体も心も温まりましょう。ウィンナーやジャガイモをコンソメでコトコト煮た洋風ポトフも美味しいけど、我が家では根菜とカツオだしの和風ポトフをよく作ります。味付けはシンプルに塩だけ。野菜の旨みがじんわり溶け込み、ほっこり甘いスープに変身してくれますよ。

カマンベールチーズをまるごと入れちゃう!トロトロで美味しい白ワイン味噌鍋

近頃はさまざまな鍋の種類があって驚かされます。そんな種類豊富な中で、今回は「白ワイン味噌鍋」を紹介したいと思います。 名前の通り、白ワインとお味噌がベースのお鍋です。作り方は非常に簡単で、味噌仕立てのお鍋に白ワインを1カップ程度加えるだけ。これでベースの汁はできあがりです。あとは好きな具材を加えればできあがり。

硬くなったパンを再生!やみつきになるパルミジャーノ・レッジャーノラスクの作り方

残った食パンが硬くなってしまっては、食べる気になりませんよね?そこで、今回はかたくなった食パンを、ワインのおつまみになる贅沢なチーズラスクにアレンジする方法をご紹介します。以前、料理教室のイベントでご紹介したことがあるのですが、その時は「簡単なのにとまらない美味しさ」と大好評でした。

残ったお餅でワインのおつまみ!簡単でおいしい餅グラタンのレシピ

お正月の悩みといえば、「余ってしまったお正月の食材」の使い方です。特に多いのがお餅をどう食べようか悩まれる方もいらっしゃるかもしれませんね。 今回は、余ったお餅を使って、ワインに合う簡単なグラタンのレシピをご紹介します。お餅と牛乳、それにチーズとバターがあれば作れる簡単おつまみです。

身近なクリームチーズで作る簡単レシピ!アレンジも楽しい「チーズボール」

海外ではポピュラーな「チーズボール」は、クリームチーズに好みの具材を混ぜて丸く形作ったパーティーフードです。少しずつ崩して、クラッカーに乗せたり、パンに塗って楽しみます。今回ご紹介するチーズボールは、カリカリして香ばしいナッツと、ハムとガーリックを混ぜて周りは爽やかなハーブをトッピングする2つのタイプをご紹介します。

ソーヴィニヨン・ブランの白ワインと合わせたい「しそわさびのロールポーク」

今回は、簡単だけどおもてなし感がある、私がプライベートで本当によく作っているヘビロテおつまみ「シソわさびのロールポーク」をご紹介します。シンプル調理ながら、ふわりシソとわさびの香りに、こんがりジューシーな豚肉が絶妙なコンビネーション!気分リセットにちょうど良い爽やかさ、ついついワインもすすんじゃいます。

ワインによく合う簡単おせち料理「チーズ伊達巻」の作り方

昨今、お正月のおせち料理は、お取り寄せをしたりデパ地下で買ったりする方が増えています。また、洋風や少人数分のおせち料理もすっかり定番になりました。 おせち料理を手作りするのは、品数が多くて難しいと感じるためか尻込みしがちです。しかし、自分が好きな物だけでも作ってみてください。意外と簡単で、自分好みの味にできますよ。

ソースはレンジ、パスタは茹でず!手軽に作れる本格ラザニア

クリスマスや年末が近くなり、ホームパーティーの機会も多くなるこの時期。大きな器で焼き上げられたラザニアは豪華に見え、ゲストに喜ばれるためオススメのパーティー料理です。しかし、ラザニアは手間がかかるイメージがありませんか? そこで今回は、ホワイトソースとミートソースは電子レンジ、パスタは茹でずに乾燥のままソースと重ねるだけ!お手軽に作れる本格ラザニアのレシピをご紹介します。

レンジで5分の簡単メインディッシュ!白身魚のカルトッチョ

寒い日は温かい料理と一緒にワインを楽しみたいですよね。しかし、煮込み料理や蒸し料理は時間がかかります。そんな悩みを解決できる、電子レンジ約5分で完成!白ワインによく合うメインディッシュ料理、魚のカルトッチョをご紹介します。 カルトッチョはイタリア語で紙包みのことで、クッキングシートやアルミホイルで包んで、素材の水分で蒸し焼きにする料理などもカルトッチョと呼びます。 電子レンジを使って5分程で完成する時短レシピです。白ワインによく合うメインディッシュなので、ぜひ作ってみて下さい。

驚くほど簡単に作れる!ワインによく合う牡蠣のオイル漬け

秋から冬に旬を迎える牡蠣 は鍋に入れたり、味噌煮にしたり、大人気の食材です。生の牡蠣にレモンを絞ってシャブリに合わせる…..というのが定番の楽しみ方でしょうか。 今回は保存も利いて、「これを手作りしたの?」と驚かれるおつまみをご紹介します。フライパンで焼いて、オリーブ油に漬けるだけの簡単レシピです。 ワインにとっても合うので、ぜひ作ってみて下さい。

カラッと揚がった松茸風味のまいたけフリットの作り方

もう12月なので松茸のシーズンが過ぎてしまいました。しかし、あるものを使うことで、年中松茸の風味を味わうことができます。そこで、今回はアレンジ力抜群の「松茸の味お吸いもの」を使った、松茸風味のまいたけフリットの作り方をご紹介します。松茸のお吸い物の素を使うことで、日本ワインに寄り添うので、ぜひ日本ワインに合わせてみて下さい。

白ワインと塩だけ!絶品とろけるカマンベールのオリーブオイル鍋の作り方

朝晩の冷え込みがグッと厳しくなり、アツアツ鍋が恋しい季節になりました。本日は簡単!ヘルシー!美味しい!この冬大注目の蒸し鍋をご紹介しましょう。用意するのは白ワインと塩、そしてオリーブオイルだけ。お好きな具材を鍋に入れて、蓋をして蒸すだけと、作り方もとってもシンプル。

ルッコラとくるみ棒々鶏

今回のワイン飯レシピは、家ワインのコラムでも度々登場する料理研究家・かわごえ直子先生にお願いしました。ご紹介するレシピは「棒々鶏」です。単なる「棒々鶏」ではなく、ワインに寄り添うようにくるみとルッコラを使っています。一見難しそうに見えますが、ささみ肉はレンジでチンして、くるみは細かく潰すだけの簡単レシピです!簡単なのに見栄えがする料理ですので、おもてなしのテーブルが華やぐ前菜にぴったりなので、ぜひ作ってみて下さい。

ロール豚と下仁田葱のオイスター赤ワイン煮込み

今回のワイン飯レシピは、家ワインのコラムでも度々登場する料理研究家・かわごえ直子先生にお願いしました。 ご紹介するレシピは「ロール豚と下仁田葱の オイスター赤ワイン煮込み」です。2種類の豚肉を使うことで、新しい食感を楽しめるロール豚です。そして、下仁田葱の甘くとろけるような食感も楽しめます。 赤ワインで煮込むことでコクがプラスされシチューよりも濃厚で芳醇な仕上がりになります。メイン料理として映える一品が食卓を豪華に飾ってくれるでしょう。

ホットプレートで簡単!とろっとろのチーズを絡めたチーズタッカルビ風のレシピ

鍋料理が恋しい季節になりましたね。この冬私が最も注目しているのは甘辛「タッカルビ」。最近では、チーズに絡めてフォンデュのように食べるスタイルが人気です。辛いタレにとろ~りチーズで、お肉も野菜もモリモリいけちゃう!この冬何度もリピートしたい、お手軽アレンジレシピをご紹介しましょう。

ミカンを丸ごと加えて一緒に煮る!温州ミカンのコンポートとホットワインのレシピ

日本でも、寒くなるとホットワインを楽しまれる方が多いと思います。ホットワインは甘口の赤ワインにシナモンやクローブ、ジンジャーなどのスパイスを漬け込み、好みではちみつを加えたホットドリンクです。今回ご紹介するホットワインはミカンを丸ごと加えて一緒に煮る、オレンジ風味です。煮たミカンはコンポートとして楽しめますよ。

マッシュルームは生でも食べられる!生マッシュルームサラダの作り方

マッシュルームは、ヨーロッパでよく使われている定番のキノコで、ホワイトマッシュルームは、えぐ味が少なく食感も繊細で、唯一生のまま食べられるキノコです。スライスしてグリーンサラダに混ぜたり、サンドイッチやピザのトッピングとしても人気です。今回はマッシュルームの独特な歯ごたえと旨味が楽しめるように、ホワイトマッシュルームを生のまま使ったおつまみレシピをご紹介します。