「三谷良子」の記事 73 件

冷たいシードルと一緒に食べたいノルマンディー風デザートガレット

東京ワイナリーで購入したシードルに何を合わせようかと....。シードルは、ブドウが採れないフランスのノルマンディー地方で主に作られる、リンゴ果汁から作られる発泡性のお酒、そして、今回合わせるシードルが青森県産ということで、東北と、フランス北部のノルマンディーをキーワードに、デザートガレットを作ってみます。

東京初のワイナリー「東京ワイナリー」

桜の花も散り始めた春の1日、大人の遠足に行ってきました。目的地は東京の練馬区にある「東京ワイナリー」。西武池袋線「大泉学園」駅から徒歩10分。23区内とは思えないほどのどかな雰囲気の住宅街の一角にありました。23区内にあるということに驚き、訪問したいとずっと思っていた、東京初・唯一のワイナリーです。

春のワインの楽しみ方はロゼワインにあり!

ワイン通にとって、ロゼワインはどのような立場にあるんでしょうか?ワイン初心者の人からすれば、ロゼワインは薄い赤ワインと思っていた!という声も聞いてみたり…。ロゼワインには、いくつかの作り方があるのをご存知ですか?さて、今回はこの季節にピッタリのロゼワインをご紹介したいと思います。

初心者でも分かる!ナチュラルチーズとプロセスチーズの違い

パンを焼き、ワインを飲み、チーズを食べる...これは、ヨーロッパの食文化の基本です。ワインとチーズは食の楽しみに欠かせない組み合わせですが、チーズには大きく分けて、ナチュラルチーズとプロセスチーズの2種類がある事をご存知ですか? では、どんな違いがあるのか、今回は、ナチュラルチーズとプロセスチーズの違いについて紹介していきます。 ナチュラルチーズと言えば「柔らかいチーズ」と思ってらっしゃる方もいるかもしれませんが、ナチュラルチーズとは、<strong>乳を固めて発酵熟成させたチーズです。</strong>まさにナチュラルというべく、自然のままに乳酸菌も生きているチーズです。もちろん、そのまま置いておくと熟成します。

スパイシーなワインにピッタリ!「スペアリブのトマト煮込み」

今回ご紹介するレシピはお鍋一つでできる簡単料理「スペアリブのトマト煮込み」です。スペアリブを焼いてトマトと煮込みます。バルサミコ酢を加えるのがポイント。味が引き締まりさっぱり仕上がりますよ。旬のかぶも一緒に煮て付け合わせに。ほろりと崩れるくらい柔らかく煮えたお肉は、意外な程脂は気になりません。

サッと作れる簡単おつまみ。キノコの赤ワイン炒めのタルティーヌと柿の生ハム巻き

ボジョレー・ヌーボーの解禁日は11月第三木曜日!今年は11月20日でした。 ショットバーでは11月20日の0時1分に飲む人もいるそうですね。 「ボジョレー・ヌーボー」は、フランス・ブルゴーニュ地方南端に位置するのボジョレー地区が生産地。ガメイ種を使用し熟成期間の短いフレッシュ&フルーティーなワインです。