華やかな香りを放ち、女性から人気の「ヤルンバ ワイ シリーズ ヴィオニエ」

「ヤルンバ ワイ シリーズ ヴィオニエ」で使用されているブドウ品種「ヴィオニエ」は、フランスのローヌ地方を本家本元とする品種で、華やかで凛とした白い花のような香りが特徴的です。今回は、そんなヴィオニエから造られたワイン、「ヤルンバ ワイ シリーズ ヴィオニエ」をご紹介します。

滋賀県のヒトミワイナリーが造る濁りオレンジワイン「ソワフ・ブラン2015」

ワインと言えば「赤・白・ロゼ」の3種類が基本ですが、実は昨年末頃から「オレンジワイン」が密かなブームを呼んでいます。もともとは、ワイン発祥の地といわれるグルジアで用いられていた製法で作られたワインです。 今回は日本で唯一、濁りワインを専門に造る「ヒトミワイナリー」のオレンジワイン「ソワフ・ブラン」をご紹介します。

「ロミオ&ジュリエット」をイメージしたワイン「Romeo & Juliet Bianco」

今回ご紹介するのはワインはイタリアはヴェネト州から造られた「Romeo & Juliet Bianco(ロミオ & ジュリエット ビアンコ)」です。水の都ヴェネツィアで有名なヴェネト州はアドリア海に面したイタリア北東部に位置します。ワインの生産が大変盛んで、生産量だけを見てもプーリア州、シチリア州に続いてイタリア第3位、そしてDOCやDOCGなどの上級格付けのワインは生産量第1位を誇ります。

夏はキリッと冷やそう!ロックで飲める美味しいワイン「カルロロッシ」

最近、コストパフォーマンスが高いということでチリワインが人気ですが、実はアメリカも日本国内へのワイン輸入量が上位に入るほど人気のワイン大国で、コストパフォーマンスが高いワインが多く生産されています。 アメリカの約9割のワインがつくられているカリフォルニア州の中心的な銘醸地「ノース・コースト」は、マヤカマス山脈を始めとする山々に囲まれていて寒暖差が激しく、果実味豊かで高品質なブドウが育ちます。また、ワイン造りの土壌に恵まれただけでなく「歴史のフランス、研究のアメリカ」と言われるように美味しいワインを造るために多くの研究を重ね、カリフォルニアの豊かな特色をワインに取り入れることでワイン大国へと発展しました。

1,000円台の人気安旨ピノ・ノワール「ガイザー・ピーク ピノ・ノワール」

今回、ご紹介するワインは、カリフォルニア・ピノ・ノワール100%の激安旨ワイン「ガイザー・ピーク・ピノ・ノワール」です。 暑い季節は赤ワインもキリッと冷やして飲みたいものです。しかし、どんな赤ワインでも冷やしてしまうと美味しいわけではありません。ピノ・ノワールは渋みが穏やかなので、冷やしても美味しいブドウ品種の代表格です。しかし、ブルゴーニュのような複雑さのあるピノ・ノワールは、冷やしすぎるとブドウが持つ良さが半分も発揮されません。

シャンパンに負けないほど美味しい「安心院スパークリングワイン」

スパークリングワインの王様と言えばフランス・シャンパーニュ地方でつくられたシャンパンですが、使用するブドウは全て手摘みであり、製作にはとてつもない手間暇をかけ、最低でも15ヶ月熟成させることが法律で義務づけられています。 世界中のスパークリングワインはシャンパンを目指していると言っても過言ではありませんが、実は日本にもシャンパンに負けないようなスパークリングワインがあるのでご紹介します。

コストコで見つけたら買っておきたい!安くて美味しいアメリカ産ワイン!!

今回は全国各地にあるアメリカのホールセールスーパー「コストコ」でおすすめのワインのご紹介です。 コストコはアメリカの会員制倉庫型店で、最近はワインの輸入にも力を入れており、世界各国のワインがリーズナブルな値段で買えるようになりました。 今回様々なワインを飲み比べましたが、特にコストパフォーマンスの高かったアメリカ・ワシントン産の白ワインとアメリカ・カリフォルニア産の赤ワインをご紹介します。

キリッと冷やして夏の定番ワインに!「ル・ブラン・ドゥ・ママン」

生産地は南フランス、ラングドック地方のエリアの中でも、南端に位置するサン・ギレーム・ル・デセール村です。中世には巡礼地として栄え、ラングドックでも非常にマイナーな産地です。 外観は淡い淡い黄色です。水のようにサラサラとした印象を受けます。 香りはソーヴィニヨン・ブランらしくアロマティックですが、南フランスのワインにありがちな重さは全くありません。非常に爽やかでレモンドロップや蜂蜜の控えめな香りで、フレッシュ感に富んでます。

西友から発売された1本395円のチリワイン「チュカロ シャルドネ」

ワインはどこまで安くなっていくのでしょうか?アルパカ、サンタ、ペリート、プードゥ等、大手飲料メーカーから発売されているチリ産のワインで400円台~500円台(税抜)ですが、先月、西友からフルボトルで395円(税抜)のワインが発売されました。今回は西友から発売された395円(税抜)のワイン「チュカロ」をご紹介します。このクラスのワインになると「やはり」と言ってしまいますが、生産国はチリです。西友はアメリカの大手スーパーのウォルマートの子会社ですので、<strong>ウォルマートの配達網などを使って直輸入でワインなどを安く仕入れることができるため、この価格で販売ができるそうです。</strong>世界的な大手ならではの技ですね。

協同組合でありながらこの拘り!「コート・デュ・ローヌ・ブラン ブレイン・シュド」

生産者が「協同組合」と聞くとネガティヴな印象を受ける方も多いと思いますが、このエステザルグはわずか10名のフランス最小の協同組合です。ブドウ栽培はオーガニック、醸造もナチュラルに行う非常に志の高い生産者です。 色合いは淡めのゴールドです。暖かい産地のワインなので柑橘系ではなく桃やリンゴ、梨などの白い果物が豊かに香ります。味わいは高めのアルコールと果実味のバランスが素晴らしい、非常に飲みやすいワイン。これからの季節はキリッと冷やして飲んでもいいでしょう。

ブラジルで人気の中甘口赤ワイン「アウロラ サンゲ デボイ スアヴェ」

8月にリオデジャネイロ五輪が開幕となるので、ブラジルで人気の赤ワインをご紹介します。 アウロラ社は1931年よりワイン醸造を開始した、ブラジル最大のワイナリーです。年間の総生産量は3,800万リットルあり、30種以上のアイテムを生産しています。 元々はアメリカ系のブドウ品種が中心であったが、1970年代にはヨーロッパ系の品種『カベルネフランやメルロー』も造られており、現在では『シャルドネ、ピノノワール』などのワインも生産されています。 4リットルサイズの大容量や大衆向けのスティルワインやスパークリングの他にも、シャンパーニュ製法で造られる『シャンパノワーズ』などもあります。

DRCで手が届きそうな白ワイン「ブルゴーニュ・オート・コート・ド・ニュイ」

ワインが好きな人は当然のことながら、ワインにそれほどまでに興味がない人でもその名前を知っている<strong>ロマネ・コンティ</strong>。ロマネ・コンティは、DRCがリリースしている非常に高価なワインで、1本が100万円以上もします。 今回ご紹介するワインは、ロマネ・コンティのような高価なワインを造っているDRCがリリースしている、手が届きそうな白ワインです。

1,000円前後で楽しめる!安くて美味しいマイナーなワイン5選

コンビニやスーパーでも様々な国のワインを取り揃えていて、 一昔前にくらべ、ワインはいまやすっかり身近な飲み物となりました。 そして、ワインと料理のマリアージュという言葉も一般的になりました。レストランでいただく場合のみならず、お家で気軽にワインを飲まれる方も多いと思います。 そこで、今回は休日に気軽に飲める、1,000円前後の少しマイナーなワインをご紹介します。

地元フランスで大人気!デイリーにおすすめのボルドーワイン「バロン ド レスタック」

皆さんはボルドーワインに対して、どのようなイメージをお持ちですか?やはり「高級なワイン」とイメージされる方が多いのではないでしょうか? ボルドー地方は、フランスの南西、大西洋岸に位置するワインの銘醸地として名高いワイン生産地で、その深い味わいから「ワインの女王」とも称されます。また、「グランクリュ」と呼ばれる格付けによって等級付けられ、五大シャトーのような高級ワインがあります。 しかし、高級なワインばかりではなく、実は気軽に楽しめるリーズナブルなものまで、幅広く生産されています。

ノンアルコールとは思えない!本格派のノンアルコール・スパークリングワイン

妊婦さんや車の運転をする方、様々な理由で一時的にお酒を飲めない人も多いと思います。もともとお酒が好きだった方は特に飲めない時期、飲めない日は辛いですよね。 今回はワインが大好きだけど今は飲めない…今日は飲めない…という方におすすめのノンアルコールのスパークリングワインの紹介です。1895年設立のベルギーのシードルなどを造る老舗飲料メーカー、スタッセン社が造るノンアルコールのスパークリングワインです。

5大シャトーの知識と技術が注がれたチリワイン「ロス・ヴァスコス」

低価格にも関わらず上品さも兼ね備えていて、ファミリーマートでは手頃な500mlサイズが売られているチリワイン「ロス・ヴァスコス」をご紹介します。「安くて美味しいワイン」と言えばチリワイン!というイメージは既に定着しています。コストパフォーマンスに優れていて、コンビニやスーパーで気軽に買えるのも魅力の1つです。 チリにはワイン造りに適した土地があります。まず、フンボルト海流が海岸に沿って南極側から北半球へ向かって流れ込み、それによって適度な果実味、適度な酸や熟成に必要な要素がしっかりと取れるブドウが出来上がります。

神の雫で紹介された生産者が造る南ローヌ産の軽やかな赤ワイン「レ・プラン」

グルナッシュ種をメインに造られたワインは、濃厚で芳醇と言われますが、単に濃くて重たいワインが多いのも事実です。しかし、今回ご紹介するワインは良い意味での軽やかさがあり、南ローヌ産のワインでは非常に珍しいタイプです。 「南ローヌのスーパースター」とも形容される生産者サンタ・デュックは、ジゴンダスという南ローヌを代表する生産地で出色のワインを造り続けています。また、サンタ・デュックは、ジゴンダスに君臨するチャンピオンである」とロバート・パーカー氏も絶賛する生産者でもあります。

肉料理と合わせたい!瓶内二次発酵で造られるイタリアの微発泡赤ワイン

やっぱり「お肉には赤ワイン」ですが、暑くなってくると赤ワインが美味しく感じられないということはありませんか?今回はそんな暑い夏でもグビグビ飲める「イタリアの微発泡赤ワイン」をご紹介します。 作り手はロンバルディア州オルトレポ・パヴェーゼ地域のカンティーナ「イル・モントゥ」です。ローマ時代から知られる伝統的ワイン産地モントゥ・ベッカリアに1902年に創業した歴史あるワイナリーです。

入手困難!国産ベストワインにも選ばれた!熊本ワインの「菊鹿シャルドネ」

今回ご紹介するワインは、九州のワイナリーの中でも国内外で高評価を得ている熊本ワインの「菊鹿シャルドネ」です。熊本ワインは、熊本で初めての本格的体験型ワイナリーとして、熊本でも人気の観光スポットです。 今回紹介する「菊鹿シャルドネ」は、熊本県北部にある菊鹿町の契約農家で栽培された“シャルドネ”を使用した、九州産のワイン中でも毎年人気の1本です。一般の愛好家の方々はもちろん、全国のソムリエさんなどプロの方々からも高い評価を受けています。