「白ワインに合う」のまとめ

辛口の白ワインと合わせて欲しい!ホッと温まる簡単オニオングラタンスープ

朝晩の空気が冷たく感じる様になってきましたね。今日は心も体も温まるオニオングラタンスープをご紹介させて頂きます。 オニオングラタンスープは19世紀頃のパリのカフェで、オペラやバレエなどコンサートの観劇後に夜食として食べられる様になり流行したそうです。今でもパリのカフェでは定番メニューとなっていて、寒くなってきたこの季節に恋しくなります。

パーティーにも最適!オーストリアの郷土料理「シンケンフレッカール」

こんにちは。KITCHEN CLOWN五十嵐です。早いもので新酒の季節ですね。 新酒といえば、フランスのボジョレー・ヌーボーが11月の第3木曜日に解禁になるのは、あまりにも有名ですが、新酒の解禁は各国で異なります。日本では山梨ヌーボーが11/3に解禁になりました。 イタリアのノヴェッロは10/30、ドイツのディア・ノイエは11/1、オーストリアのホイリゲは11/11などなど...各地で、新酒は楽しまれているんですね。

海苔の風味とミネラルがシャブリと好相性!のり天 瀬戸内すだち味

ビールや日本酒には最高に合うだろうなあ~、でもワインにはどうかなあ~と、以前から気になっていた「瀬戸内」シリーズ。この「のり天 瀬戸内すだち味」の他に「イカ天 瀬戸内れもん味」も出ています。製造元はまるか食品株式会社ですが、ペヤングのまるか食品株式会社とは別の会社のようです。

ハロウィンパーティーで大活躍!かぼちゃのマリネ・ローズマリー風味

10月も後半。秋晴れの行楽日和が続いていますね。紅葉シーズン到来です!私たちは、10月の初めに日光へ行ってきましたが、奥日光はもう紅葉が始まっていましたよ♪ きっと今は、ちょうど見頃なんでしょうね。紅葉もそうですが、この時期盛り上がってくるのがハロウィン。街はハロウィン一色です。年々、仮装パレードも人が増え、派手になっている気がするのは私だけでしょうか...ハロウィンといえば「かぼちゃ」ですよね!

ワインと意外な組み合わせ?レンジで簡単に作れる和風麻婆豆腐

暑さと寒さの狭間、いかがお過ごしですか? 季節の変わりめに我が家の食卓によく登場するのがお豆腐です。以前のコラム「お手軽アンティパスト!こぼれトマトのシチリア風冷奴」では「お豆腐をワインのお供にするなら醤油ではなくオリーブオイル+塩コショウで」とご紹介しましたが、今回はちょっと違ったマジックをご紹介します。

樽の効いたシャルドネに合わせて欲しい!かっぱえびせん

今も昔もおやつの大定番「かっぱえびせん」ですが、これにワインを合わせられるのか…?初めはそう思いました。でも以外にすんなりワインと合います。海老の香りが強く、ほのかに甘い。それに合わせてワインもフルーティーで香ばしいものが良さそう。やはりここは樽の効いたシャルドネでしょうか。最近はリーズナブルに買えるものも増えて嬉しい限りです。シャルドネの香ばしさ、フルーティーさがかっぱえびせんと相まって、まさに「やめられないとまらない」ことうけあいです。

旬の夏野菜を使ったおつまみレシピ!ズッキーニと挽肉のルラード

今回は旬の夏野菜のズッキーニレシピをご紹介します。毎日暑い日が続いてますね。ここまで暑いと、火を使うお料理も億劫になります。でも、おもてなしにもなる家ワインで素敵なおつまみを作りたい・・・。そんな時にぴったりの逸品です!今回は私のお気に入りワインと合わせてみました。憧れのロマネ・コンティーのオーナーが手掛けるワインです。ワインの自然の本来の良さを出すためにオーク樽は最小限にとどめているので、ナチュラルな優しい味わい。でもしっかりコクやまろやかさもありで、飲みごたえのあるので、おもてなし向きの白ワイン。

ドイツのコールドミールレシピ!自家製鶏ハムと玉ねぎのピクルスのサンドイッチ

梅雨の晴れ間が真夏日だったりする今日この頃、火を使って料理したくない、冷たい食べ物がいいなぁ と言った声も聞こえてきそうです。そんな時はドイツ式に「コールドミール」。朝と夜は極力火を使わないで、簡単に済ませる食事です。チーズやハム、サラダなどが定番ですが、買ってきたものばかりではなく、手作りのお料理も加えて気持ちも豊かにしたいですね。自分好みの味で作ったものは、さっと食べられるものでも心に栄養が行きわたります。

爽やかな逸品!洋風鯵のタタキ・ライム風味

こんにちは、KITCHEN CLOWN 五十嵐です。雨が降ったりやんだり。ジトジト湿気の多い最近の東京。みなさんは、いかがお過ごしでしょうか?!このモワッとした湿気を取り払ってくれそうな爽やかなおつまみとワインを片手に、楽しい夏を待ちましょう♪

白ワインやスパークリングワインと相性抜群!帆立の焼きタルタルの作り方

今回は、ずっと飲んでいても飲み飽きしない、お酒を飲みすぎた時でもスッと飲めてしまうお薦めのワインと共に、これからの季節で飲む事が多くなるであろう白ワイン、スパークリング、ロゼと相性の良い、簡単な万能おつまみをご紹介します。 合わせるワインは微発泡性の白ワイン、フリッツアンテ。実はこのエミリア・ロマーニャ州は美食の宝庫!!パルマ産の生ハム、伝統的バルサミコ酢、パルミジャーノ・レジァーノ、ミートソース等世界的に知られるイタリア食材の産地なんです。ワインでは、赤の微発泡・ランブルスコが有名ですよね。

お手軽アンティパスト!こぼれトマトのシチリア風冷奴

日差しが強く、暑くなってきましたね。今の季節は気候の変化に体が対応できず、体力の消耗も大きいもの。あなたが思っている以上に、体は疲れています。こんな時は、無理にスタミナのつく物を食べると消化が追い付かず逆効果。特に遅い時間のお食事は、胃腸への負担が少ない物を選びたいですね。

スイートソースとごま油を混ぜるだけ!絶品アジアンサラダドレッシング

蒸し暑い日が続いてますね。暑くなると、タイやベトナム料理、韓国料理・・アジア料理が無性に食べやすくなるのは私だけでしょうか?我が家のホームパーティーでは、いつも作っている簡単なアジアンサラダがあります。これが思った以上人気で、皆から「このドレッシングどうやって作ったの~?」「レシピ教えて~」と聞かれます。

簡単でお洒落なスペイン料理!フィンガー・パンコントマテ

いつものすっぴんレシピは「おやすみ前」がテーマですが、今回のシーンは休日の昼下がり、親しい友人をお招きしてのワインTime。実は最近、休日に自宅 でワインを楽しむ女性が増えているようで、お料理教室でも「簡単に作れてオシャレに見えるフィンガーフードを教えて欲しい」と言われることが増えていて。そんな時、私が決まってオススメするのが「パンコントマテ」

青々したフレッシュ感!クレソン&シェーブルのオーブン焼き

大型の連休も終わり5月も後半。日中は暑くなる日が続いています。この時期は本当に新緑が綺麗で、さらに心地良い風が吹いてくると「あ~、山登りに行きたい!」と、ついつい思ってしまう今日この頃です。そこで今回は、青々した若葉を思わせるようなクレソンとシェーブルチーズ、そして、ソーヴィヨン・ブランを使った超~簡単おつまみレシピをご紹介します。

デイリーな白ワインと一緒に!塩麹れもん焼き鳥

よーく冷えたスパークリングや、白ワインが美味しい季節になってきたので、デイリーな白ワインに合う塩麹とレモンを使った簡単な焼き鳥「塩麹れもん焼き鳥」をご紹介します。「塩麹れもん焼き鳥」は、愛媛県の今治市のご当地料理、今治焼き鳥をアレンジした塩レモン味の焼き鳥です。

ビニール袋で簡単にできちゃうグラノーラスコーン

最近、注目されているノンアルコールワイン。今回はお菓子とノンアルコールワインのスパークリングタイプを合わせてみます。甘口のスパークリングを、クッキーやスコーンなど、粉のお菓子に合わせましょう。お菓子の粉っぽさを冷たくて爽やかな泡がリセットしてくれます。もちろん、アルコール入りのスパークリングに合わせても構いません!

コンビニだけで買い物が完結!はんぺんのレモンバターソテーの作り方

コンビニだけで買い物が完結する「コンビニレシピ」から、今回は「はんぺん」を使ったおつまみをご紹介します。 おでんになっているはんぺんじゃありませんよ。パック入りの調理用はんぺん、コンビニでは豆腐やちくわのコーナーにあります。 さて皆さん、はんぺんをおでん以外で食べたことありますか? はんぺんはワインより日本酒や焼酎じゃない?なんて声が聞こえてきそうですが....はんぺんの主原料は白身魚のすり身なので、煮るのではなくバターで焼いてみるとワインと寄り添うと思いません?白身魚のバターソテーとでもいいましょうか...。