「加瀬まなみ」の記事 87 件

簡単ご馳走レシピ。ローストビーフ気分の温製サラダの作り方

サシの入った霜降り肉への崇拝から、赤身肉や熟成肉が注目され始め、お肉ブームの波が広がっています。がんばったご褒美でお肉にパワーをもらう!という人も増えてる今日この頃。厳しい暑さに疲れて食欲もなくなり、さらさらっと軽く済ませたいけど、思い切ってお肉を食べると元気が湧き上がってくるから不思議ですね。

簡単で美味しい!グルメ缶詰「TINNED(ティンド)」を使ったアヒージョの作り方

あなたのキッチンに缶詰はありますか?新たな缶詰が次々と発売され、缶詰を使ったレシピ本が出版されるなど、缶詰人気が続いています。以前は安くて便利な「保存食」という印象の強かった缶詰ですが、今年のブームはちょっと違う方向へ。自宅で晩酌する人向けの「おつまみ」用に、少しだけ贅沢な「グルメ缶詰」に人気が集まっているようです。

ポイントを抑えれば簡単!究極の半熟ゆで卵で作るピンチョス

突然ですが、ゆで卵作りに自信ありますか?え!鍋で茹でるだけでしょ?って言われちゃいそうですが、実は今までご紹介したお肉料理同様、シンプルだからこそ美味しさに差がでる物の1つでもあるんです。とはいえ、押さえるポイントはとっても簡単。さぁ、今夜のワインのお供に「究極の半熟ゆで卵」作ってみませんか?

生で食べちゃう!ズッキーニのシャキシャキサラダ

今回はズッキーニを使ったワインに合うレシピをご紹介。でも、ズッキーニってラタトゥイユ意外にどうやって食べるの?どうせ使い切らないし、余ったときに使い道に困る・・・という声をよく耳にします。実は、生でも食べられるんですよ。もちろん、そのままでは青臭くて食べられたものじゃないんだけど。

お手軽アンティパスト!こぼれトマトのシチリア風冷奴

日差しが強く、暑くなってきましたね。今の季節は気候の変化に体が対応できず、体力の消耗も大きいもの。あなたが思っている以上に、体は疲れています。こんな時は、無理にスタミナのつく物を食べると消化が追い付かず逆効果。特に遅い時間のお食事は、胃腸への負担が少ない物を選びたいですね。

簡単でお洒落なスペイン料理!フィンガー・パンコントマテ

いつものすっぴんレシピは「おやすみ前」がテーマですが、今回のシーンは休日の昼下がり、親しい友人をお招きしてのワインTime。実は最近、休日に自宅 でワインを楽しむ女性が増えているようで、お料理教室でも「簡単に作れてオシャレに見えるフィンガーフードを教えて欲しい」と言われることが増えていて。そんな時、私が決まってオススメするのが「パンコントマテ」

フライパンで作る!ハッセルバックポテトの簡単レシピ

新じゃがの美味しい季節がやってまいりました。そのせいでしょうか?ハッセルバックポテト、クリームポテトやエッグスラット、変わりフレーバーのフライドポテトや塩肉じゃがなど、いろんなジャガイモ料理が次々と話題になってるように感じます。中でも注目を集めているのが、スウェーデンの家庭料理「ハッセルバックポテト」。

ワインと一緒に食べたい!トリュフが贅沢に香るオードブルラスク

いつも行列ができている人気店、そして「ラスク」と言えば「ガトーフェスタ ハラダ(GATEAU FESTA HARADA)」です。手土産の定番となっている方も多いのではないでしょうか。そんなガトーフェスタ ハラダのラスクの中で、「ワインに合う」がコンセプトの甘くないオードブルラスク「グーテ・デ・ロワ・ソムリエ」(15枚入り、税込972円)を知っていますか?

冷めても美味しい!ジューシーから揚げ

本日のすっぴんレシピはお弁当の人気おかずNo.1「から揚げ」に挑戦してみましょう!ところで皆さん、「から揚げ」と「竜田揚げ」の違い、わかりますか? 肉に下味をつけ片栗粉をまぶして揚げるのが「竜田揚げ」、衣自体に味付けをするのが「から揚げ」なので、覚えておきましょう!

自慢したくなる!究極のチキンソテーの作り方

シンプルだからこそ、実力差が出るお肉料理第二弾!今回はチキンソテーに挑戦してみましょう。チキンソテーはお肉に塩胡椒をして焼くだけのシンプルな料理です。シンプルな料理には、あるモノを加えるなど「スペシャルX」のような裏ワザはありません。 しかし、シンプルな料理こそ「シッカリ焼く」という調理方法が、意外とできていません。 「皮パリができない」、「なんだか硬い」、「なんだかパサパサで肉汁が出ない」...このような経験がある方は、文字通り「シッカリ」焼いてみてください。この焼くコツさえ押さえれば、きっとみんなに自慢したくなるチキンソテーになっていると思います。

コロコロ餅の中濃ソースで赤ワインを飲んでみる

酒好きはアテながくても「塩で日本酒を、味噌で焼酎を飲む」なんて言い方をしますが。これ、ワインではやる人はあまり聞きませんが、実際はどうなのでしょう?ワインは他のお酒と比べ、味わいの個性があまりにも幅広いのでケースバイケースではありますが・・・

余ったおせち料理をおいしく変身♪黒豆クリームのカナッペ

お正月用に用意したおせち、冷蔵庫にちょっとだけ余ってませんか?賞味期限が切れてしまう前に、美味しくリメイクしちゃいましょう!煮しめや海老の旨煮・柚庵焼きなど、おせちに一番多い甘辛い味つけの物は、シンプルに混ぜご飯にしたり、レタスにのせてマヨネーズをかけたり、ホワイトソースに加えてグラタンにしたり。蒲鉾やなるとは、おでんや鍋、野菜炒めに。なますや甘酢は、唐揚げや焼き鮭にのせれば南蛮漬け風に楽しめます。

子供にも人気!丸ごと食べれるポテトサラダでクリスマスツリー!

もうすぐクリスマス!「おやすみ前のひとり呑み」がテーマのすっぴんワインも、たまにはお招き仕様で。いつもよりちょっとだけ頑張って、ぷちパーティー気分を楽しんじゃいましょう♪と、言っても、頑張りすぎは疲れちゃいますから。手軽に作れるポテトサラダをベースに、ほんのちょっと工夫するだけでOK!その工夫とは?

スパークリングワインにぴったり!しらすの卵かけご飯ピッツァの作り方

今や国民食にもなりつつある、TKGこと「卵かけご飯」。以前はちょっとネガティブな印象のある食べ物でしたが、最近では手軽さと美味しさが支持され、究極のちょい足しを特集するメディアも見かけるようになりました。今回はこの卵かけご飯にアレンジを加えてワインに合わせてみましょう。ただ、卵かけご飯に白はちょっとピンとこないし、だし醤油を強めにすれば赤にも合わせられそうですが...もしやロゼなら...。

簡単!ボジョレー・ヌーボーにあわせる「3種の和かなっぺ」

11月第3木曜日の20日、今年もボジョレー・ヌーボーの季節がやってまいりました。 「ボジョレー・ヌーボー」とは、フランス・ブルゴーニュのボジョレーで、ガメイという品種から造られる新酒用のワイン。早くリリースできるブドウなので、先駆けてこの時期に出荷されます。今年のブドウの出来は...なんて難しい話は置いといて、「いよいよこの年のフランスのブドウがワインになったんだなぁ~」という喜びを持って抜栓をする、これはとても楽しいものです。

秋の旬果物を使ってアレンジ!柿モッツァレラ

今年の夏、ツイッターで話題になった「桃モッツアレラ」をご存じでしょうか。その名と通り、桃とモッツアレラをあわせて調味料をかけるカルパッチョのようなお料理。とっても簡単なのに、甘みとコクと酸味が絶妙と大人気になりました。

コンビニだけで買い物が完結!はんぺんのレモンバターソテーの作り方

コンビニだけで買い物が完結する「コンビニレシピ」から、今回は「はんぺん」を使ったおつまみをご紹介します。 おでんになっているはんぺんじゃありませんよ。パック入りの調理用はんぺん、コンビニでは豆腐やちくわのコーナーにあります。 さて皆さん、はんぺんをおでん以外で食べたことありますか? はんぺんはワインより日本酒や焼酎じゃない?なんて声が聞こえてきそうですが....はんぺんの主原料は白身魚のすり身なので、煮るのではなくバターで焼いてみるとワインと寄り添うと思いません?白身魚のバターソテーとでもいいましょうか...。